直木賞を受賞した「何者」(浅井リョウ著)を読んでみた感想

↓記事がよかったら是非クリックしてくださいね。↓
にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
にほんブログ村

平成24年度下半期の直木賞を受賞された、浅井リョウさんの「何者」を読みました。
この本は複数の就活生たちが、就職活動を通して働く事や自分たちの生き方を考えていくものです。
ツイッターやLINE、WEBテストなども登場しており、自分の頃の就活とは大きく様変わりしている様子がよく分かります。

この本には、就職活動自体を馬鹿にしている学生が出てきます。
人の行動を俯瞰して、まるで別次元から人を見下ろしている評論家。
ツイッターという匿名の世界の中に存在する、人を見下し、自分はそういう人間とは違うと思っている人格。
こういう考え方は、1人の学生だけのものなのか、それともみんなが持っているものなのか。

本を読んでみて、物語が淡々と進んでいくような感じだったのですが、終盤で一気に話が展開し、「何者」という言葉の意味が分かった時には夢中で本を読んでいました。

人の行動をあれこれ言うのは簡単だけど、例え結果が出せなくても、カッコ悪くても実際に行動に移せていることの大切さが、この本からも伝わってきました。

就活に役立てる為に読むべきか、というとそこは微妙だと思いますが(^_^;
就活において泥臭く行動することの重要性を知る意味では良いと思います。

最後の一気に展開する場面は、読んでいて本当にハラハラしました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ