志望動機の注意点

志望動機を作る際に気をつけたいのは、
「なんでその企業じゃないとダメなのか?」
という点です。

この内容を盛り込むのは当たり前のように感じるかもしれませんが、実際はその当たり前のことが無視されて志望動機が作られているケースがとても多いように感じます。

「なぜその企業じゃないとダメなのか?」
を考えるには、他のライバル企業を見てみる必要があります。
また、そのライバル企業とのサービスの差がどこにあるのかを見たりもします。

つまり手間がかかるのですね。
手間がかかるのは面倒臭いので、面倒臭くない方法をほとんどの人は探します。

しかし、その手間が結果として他の応募者との差になっていくのですね。

企業側からすれば、手間をかけてきちんと調べた結果を話された場合、その行動の部分は評価するものなのです。

本気で採用されることを考えるならば、こうしたちょっとした行動、手間の部分を惜しまないことなのですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ