気分が乗らない時こそ体は動かしたほうがいい

就活をしていると、

「テンションが上がらない」
「気分がのらない」

という日もあると思います。
しかし、こういった日が続くようであれば注意が必要です。

このような時に「気分が乗らないから体を動かさない」というのが1番よくありません。

気分が乗らない、テンションが上がらない、という時こそ
体は動かした方がいいのです。

軽くランニングをするのもいいですし、走ることに抵抗があればウォーキングもいいですね。
私はウォーキング派ですので、1時間近く歩きます。

するととても気分がスッキリします。
新しいアイデアが出たり、気持ちも前向きになってきます。

気持ちが落ちているときに、それを無理やり反転させることは難しいのですが、
体を動かすことで、気持ちを変えるきっかけを掴むことが簡単にできます。

心当たりがある人は是非試してみてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ