「新しい視点を得られました」で終わること

本を読んだりセミナーに出て勉強した結果、

「新しい視点を得られました」

という感想を聞くことがよくあるのですが、
私のこれまでの経験で、

「新しい視点を手に入れた」

ような気になって、結局はすぐいつもの生活に戻る、
ということを何度も何度も繰り返してきました。

だから、この
「新しい視点を手に入れる」
という言葉を聞くと、

「自己満足で終了の一歩手前」

というイメージが浮かび、怖くなるのです。

決して他の人もそうだと言うつもりはありませんが、
この
「新しい視点が手に入りました」
という言葉は、何か自己満足度が高いそうな言葉なので
ちょっと気を付けた方がいいなと思っています。

新しい視点を手に入れても、
それを実際に使わなければ全く意味がありません。

本を読んでも、セミナーで何時間も勉強しても、
それを使う場を自分で作りださなければ
本当に全く意味がありません。

それこそ「やってるつもり」で満足して終了になってしまいます。

そういうことにならないためにも、
「新しい視点が手に入りました」
で、終わらないように、絶対に行動に繋げていきましょうね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ