メールを送る際には3つの「ない」に気をつける

↓記事がよかったら是非クリックしてくださいね。↓
にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
にほんブログ村

就活の中でメールを送る機会があると思います。
そこで今回はメールの送り方についての注意事項を私なりにまとめます。

============================
●メールを送る際には3つの「ない」に気をつける

・誰に送っているのか、宛名の記載がない
・誰が送っているのか、自分の名前の記載がない
・どうして送っているのか、メールを送った目的が無い
============================

・誰に送っているのか、宛名の記載がない

メール本文には必ず、送り先の企業名、担当者名を入れます。

株式会社○○
渡辺裕一 様

このように担当者の名前が分かる場合は、企業名には「御中」を付けません。
逆に担当者が分からない場合は「御中」を付けます。

株式会社○○ 御中

・誰が送っているのか、自分の名前の記載がない

署名の設定をしていると、最悪の場合でも「誰から送っているのか」ということは分かります。
署名とはこのようなものです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○○大学
渡辺裕一
watanabe@gmail.com
090-●●●●-××××
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

携帯番号を書く事に抵抗があるかもしれませんが、私は入れるべきだと思います。
企業も採用試験をしているなかで、学生に対して緊急の連絡をすることがあるからです。

このような情報を隠したがる学生もいますが、積極的に提示してくる学生の方が私は良い印象を持ちました。
(だからといって、即採用ではもちろんありませんが。)

・どうして送っているのか、メールを送った目的が無い

採用試験を受けさせて頂いたお礼であれば、きちんとお礼をしましょう。

その場合は、試験で印象に残ったことなど、
「その試験を受けた人でないと分からない情報」
の記載をします。

このような記載がないと、どこにでも通用する文章を書いているだけになってしまうので、メールを受け取る側も、お礼文のひな形をコピペしているんだなと感じます。

コピペしている、という印象を相手に与えてしまうのは逆効果ですから、感想を書くといった、ちょっとした手間を惜しまないようにしましょう。

今すぐ実践! 8割の就活生が出来てない9つのメールの常識!
http://shukatsu-mirai.com/1/mail9/

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ