丁寧なやり取りだけで差がつく

本日は、過去のメルマガコラムから、
「他の就活生と差がつく応対」についての記事をご紹介します。

それではどうぞ。

============================

学生時代、就活中にある社会人の人から気に入られて
就活を優位に進めた人がいました。

その人はその社会人の人に、
なぜ自分を気に入ってくれたのかと質問をしたところ、
「きちんとやり取りができたから」と言われたそうです。

この「きちんとやり取りができる」というのは、
メールを送ったら、それを受け取ったことに対して返信をしたり、
敬語を使っていたりと、社会人としてはごくごく当たり前の
対応のことを指していました。

このように、社会人が学生を相手にした時に、
この当たり前のやり取りがまともにできないことが
本当によくあります。

●学生がメールで社会人に質問をする

●社会人がメールで質問に返す

●質問を返してくれたことに対して、学生が御礼のメールを返す

と、たったこれだけなのですが、これができません。

よくあるのは、学生が質問を送り、
社会人がそれに返してくれたのに、
そのまま御礼の返事がないというものです。

自分が相手に何かしらのアクションをとらせたのであれば、
それに応えてもらった時点で、その御礼は必ずしましょう。

たったこれだけで、「きちんとした対応が出来る人」という印象を
もたれることもありますし、逆にこれができなかったために、
「常識がない」と思われることもあります。

これは私が色々な社会人と会い、話を聞いてきて感じた事ですが、
社会人から見ると、学生は一般的にまともに対応ができる人が
少ないと思われています。

学生をひとまとめにして
「常識的なやりとりができない」
と言われるのは、私も腹が立ちますが、逆にそれならば、
そのことを逆手にとることもできると思うのです。

つまり先ほどの3つの流れを必ず毎回実行したり、
メールのやり取りを勉強して、どんな人にも丁寧にやり取りをする、
ということです。

これをしたからといっていきなり反応がある訳ではありませんが、
「そこを見ている人は必ずいる」
ということだけは覚えておいて欲しいなと思うのです。

ちなみに、私が企業に入社して、
その企業の代表として企業同士のお付き合いをする相手企業を
探そうとした時に、私が基準にしていたのは、
こういう「やりとりがきちんとできるかどうか」でした。

特に、自社に営業にくる営業マンに対しては本当にこの部分をよく
見てました。

このように言っては何ですが、
社会人でもこの「やり取り」がきちんとできない人は多いのです。

ですから、たまに現れる「やり取りができる人」との出会いは
大切にしていましたし、そういう方には、
やはりきちんとした人が他にも繋がっていたりするものでした。

きちんとしたやり取りを意識している人には、
必ず同じようなところを気にしている人が目を付けてくれます。

今就活中の学生たちには、そういう部分を評価されて、
声をかけられるようになって欲しいなとつくづく思います。

============================

いかがでしたでしょうか?

私のメルマガでは、就活に役立つ情報を
毎週月曜日に配信をしています。

1日でも早く内定を勝ち取りたい方におすすめです。

就活に役立つ「知らないから落ちる面接」メルマガのご登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ