就活でモチベーションアップをする方法

就活が長期間に及んでくると、
自分自身のモチベーションを保つことは、
なかなか難しいものになります。

モチベーションが下がり、アップさせたい!
という人も、一体どうやったらいいのか悩むところです。

以前、14ヶ月という長い期間就活をして、
内定を取られた方をご紹介しましたが、
やはりそれだけの間、モチベーションを保つことは
やはり難しいというは話がありました。

14ヶ月の就職活動
http://luceye.com/wp/%E5%86%85%E5%AE%9A%E3%82%92%E5%8F%96%E3%82%8B%E4%BA%BA%E3%81%AE%E8%A1%8C%E5%8B%95/%EF%BC%91%EF%BC%94%E3%83%B6%E6%9C%88%E3%81%AE%E5%B0%B1%E8%81%B7%E6%B4%BB%E5%8B%95/

何かを長期間行わなければいけない場合、
どうしても一人での作業になってしまいがちです。

私も学生の時は、一人で就活を進めていたので、
不採用が続くと、どんどん気持ちが沈んでしまい、
それを自分だけで持ちかえすことは
非常に難しかったことを覚えています。

私はこのブログでもメルマガでも、
たびたびこのような話題を伝えてきましたが、
一人で就活を乗り切ることは本当に難しいものなのです。

特にこの「モチベーションを保つ」だったり
「モチベーションアップ」ということに関しては、
一人で行うのは困難を極めます。

もうお分かりのように、
この問題を解決するカギは人との接触頻度なのです。

誰かに自分の思いを聞いてもらうだけで十分です。

私もそうでしたが、誰かに相談をするということを考えた時、
相談する側が、
「自分が何に悩んでいるのかということを、きちんと整理して
いないといけないのではないか」
と思ってしまいがちです。

そして、相談したからには、何か解決策をもらわないと
時間の無駄だと思ったりしないでしょうか?

しかし、これも結論を言えば、相談というのは
「口に出して言う」だけでとても意味があるのです。

実際口にだすだけで自分自身の心がスッキリするんです。

この効果については、
男性より女性の方がよく実感している気がします。

男性から見ると、女性は何か解決もしない、
何が言いたいのか分からないような話を
よくしているように感じたりしますが、
実際はそれを口にしているということが重要であり、
他の人から解決策をもらうということは、
実際それほど重要でない場合があったりします。

この点、男性は、解決策がはっきりわからないと、
それまでの時間がまるで無駄な時間だったかのように
感じがちです。

しかし、解決策が云々ということえはなく、
自分の中にあるモヤモヤを口から出す
ということが非常に重要なのです。

今回のテーマである、「自分のモチベーションアップ」のためには、
この自分自身のモヤモヤを対処していく必要があります。
モヤモヤの多い状態ではモチベーションを
アップさせることなど不可能でしょう。

このモヤモヤを減らす方法は、
自分自身が感じているモヤモヤの部分(不安など)を
実際に口に出したり、メールに書いて人に
読んでもらったりするなど、
一旦自分の外に出すこと以外にないのです。

そういったことを行うためにも、家にこもりっきりにならず
実際に人に会うことが一番なのです。

ただし、話を聞くことが上手い人でないと、
逆にストレスがかかる場合があります。

話を聞くことが上手い人といっても、
次の要素を持った人であれば十分です。

・いちいちあなたの話を否定しない
・あなたの話の腰を折らない

他にも話を上手に聞く人の特徴は色々ありますが、
まずはこういうことができる人を捜してみて、
あなたの話を聞いてもらってください。

あくまでも、あなたの目的は「話す」ということであり、
答えを出してもらう(答えを出す)ということが目的ではない、
ということだけは覚えておいてくださいね。

ということで、今回はモチベーションアップのために、

・モチベーションアップは人と話すことでできる
・人と会う頻度を上げる
・自分の話をいちいち否定しない、話の腰を折らない人と話す

ということをお伝えしました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ