就活で仲間を作るメリットとデメリット

↓記事がよかったら是非クリックしてくださいね。↓
にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
にほんブログ村

就活は1人で行うものではなく、仲間を作り情報交換をしながら行うべきだとよく言われます。
実際私もそう思っているのすが、今回は私が考える「就活の仲間を作る」ことのメリットとデメリットを書きたいと思います。

<メリット>
●自分が入社する事になる「運命の企業」を、「他の人から紹介される」という可能性がある

私が就活で仲間を作る最大のメリットはこれだと思っています。
実際に私が新卒で入社した企業というのも、就活中に就活仲間が何気なく自分に渡してくれたこの企業のパンフレットによって、この企業を知り、試験を受けるという流れになりました。

その時、偶然会った彼に、この企業のパンフレットをもらっていなかったら、自分はその企業には絶対出会っていなかったと思います。

自分一人で企業を選んでいると、広い範囲で選んでいるつもりでも偏りが出てきてしまいます。
しかし、就活仲間からもらう情報も考慮に入れるようになると、その幅はぐっと広がりをみせのですね。

「良い情報は人からもたらされる」と言う言葉があるのですが、これは就活にもバッチリ当てはまるのです。

<デメリット>
1番のデメリットは「馴れ合いのコミュニティーができてしまうこと」だと思います。
特になかなか採用が決まらない者同士になってくると、慰め合いのような行動になってしまうことがあります。

就活は「お互いが励まし合う」という姿勢が大切ですから、採用されないからといって同情を買うような言葉を頻繁に言う人が出てきた場合は、お互いのために距離を置くべきです。

また、不採用が続いた場合は、嫌であっても内定者の意見も聞くべきです。
内定をもらっている人は、何かしら自分で気づき得ない行動をしていたりするのです。

プライドが傷つくという感情がでるかもしれませんが、そんな状況でも結果を残した人に話を聞き、「少しでも採用を勝ち取るヒントを得てやる!」と、考え方を切り替えるのも立派なプライドだと思います。

ということで、今回は「就活で仲間をつくるメリットとデメリット」について書きました。
こちらの記事も参考にしてみてください。また違う視点で書かれています。

就活で仲間をつくる3つのメリットと方法
http://gaishishukatsu.com/archives/3084

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ