就活格差の広がり

↓記事がよかったら是非クリックしてくださいね。↓
にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
にほんブログ村

「就活の格差が広がっている」という言葉を聞いたことはありませんか?

これは内定を取る人はどんどん取っていき、取れない人は全く取れないという部分がどんどん広がっているという意味です。

私が就活をしていた13,4年前にもこの格差は存在していました。

ただ、その時と違うのは、「内定が取れない人の、企業への要求が増えている」ということです。

給料はいくら、有給はきちんと取れるのか、家から通える範囲なのか、ブラック企業ではないか…

もちろん、私の時にもこういう要求の多い「内定0学生」はいたのですが、今はその人数がどんどん増えているように感じます。

企業を審査する気持ちで、就活をしているようにも見えますが、実際の就活は全くの逆です。

就活を甘く見ている学生が、バッサバッサ切られている状況なのです。

「就活格差」という事において、自分自身がどちら側にいるのかを確認するのは簡単です。

自分自身を振り返って、今自分は行動している!と言えるかどうかです。
「行動」とは、自己分析をしたり本を読んで勉強することではないですよ。

「人と会っているかどうか」です。

他にいくら勉強をしていても、人と会っていないのであれば、就活格差で言うところの「負け」の方に入ると思ってください。

これが本当の意味で実感できてくるのは4月に入ってからかもしれません。
そこで一気に差が出てくるので…。

「今」から「動く」ことをすれば、まだ間に合います。
就活は頭でするものでは決してないのです。

就活で失敗する人の法則 -能力とコミットメントについて
http://saikyo-shukatsu.com/2009/06/messege-2.html

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ