時間とお金をかけてやってきたこと

↓記事がよかったら是非クリックしてくださいね。↓
にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
にほんブログ村

私が幼い頃から家にはPCがありました。
そして、テレビゲームが好きで、ゲーム自体を作りたくて小学生の頃からプログラミングを勉強していました。

ゲームを1人で作っていくうちに、大がかりなゲームを自分1人で作るという事に限界を感じるようになり、小学生から中学生の頃には「仕事としてやるにはきっときついだろう」と思うようになりました。

就活でもその思いがあり、しばらくIT系の仕事は志望せずに、他の分野の企業ばかりを志望していました。

しかし、さっぱり内定がもらえませんでした。

今思えば、それほど好きでもない業種を、急に「いいかなぁ」くらいの感覚で受けていたことが、面接官にも見抜かれていたのではないかと思います。

私の場合は、PCに関する事が最も時間とお金をかけてやってきたことでした。

ですから、それ以外のことについて自分が話をしても、いまいち重みのあるものにならなかったのかもしれません。

就活の途中からIT関連の企業も候補に入れるようになり、面接での感触もどんどん変わっていきました。

面接官の質問にも自然に返せるようになってきたのです。

私はこの経験を通して、今まで自分が時間とお金をかけてきたことに関する仕事をする方が、より自然に自分を活かせるのではないかと思うようになりましした。

結果的に、最初に入社したIT系の企業には1年弱で辞めてしまうことになりますが、その後も違う形でずっとネットに関連したことを携わる形になりました。

自分が「時間とお金をかけてやってきたこと」は自分自身では軽視してしまいがちですが、今一度その点に注意して見直してみると、就活の状況が一変するかもしれません。

今、就活が上手くいかない人は是非見直してみることをオススメします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ