最終面接 心構え

最終面接には、どのような心構えで挑めば良いのでしょうか。

最終面接というのは、その企業の社長や役員の方たちがが面接をされることが多いのが一般的です。

そういう方たちというのは非常にエネルギーが強い傾向があり、自分と同じようにやる気や熱意をもった学生を求める傾向があります。

口が上手な人よりも、何が何でも入社したい、入社後熱い気持ちで働きたい、という気持ちをしっかり持った人を好みます。

ですから、いかに学校の成績が優秀であろうが、面接時の話の内容が論理的であろうが、妙に冷静な人な態度で面接をされると、面接する側もあまり気持ちが乗ってこないのです。

以上のことから、私は最終面接に挑む際の心構えとして、

・その企業にどうしても入社したい、入社後も本気で頑張る意志がある、という「気持ち」や「姿勢」を伝えることを意識する。

というのが、私がお伝えしたいことです。

自己PRや志望動機などが、ある一定水準あるからこそ、最終面接に残っています。

ですから、そういう1つ1つの細かな質問に対する対応を考えるのではなく、先ほどの部分が伝わるようにする意識をもって面接に臨んで欲しいと思います。

↑この記事が参考になったら押してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ