本気の本気なのか?

↓1人でも多くの就活生に読んでもらいたいです。
にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
にほんブログ村

私の友人は自分で起業して仕事をしています。

でも、私にはその彼が
本気の本気で仕事をしてるとは思えませんでした。

彼はずっと「本気でやる」ということから逃げている気がしていました。
そして、私は私でそれをずっとそのまま放置してきました。
そのことを指摘する、という事から逃げてきたのです。

「彼の為に」というのはおこがましいことだと思いましたが、
それでもどうしても彼にそれを伝えたくて、
私は彼に会い、そのことを彼に直接伝えました。

彼は、「じゃあ、俺の本気を見せてやろうか」

と言って1冊のノートを鞄から取り出しました。

ノートには自分が仕事に対してどう取り組んでいるのか、
色々書いているようでしたが、
正直それをみても、「それで?それが本気なの?」
という内容でした。

しばらく沈黙があり、自分が言葉を発する前に、彼が

「まぁ…これだけかって思うかもしれないけど…」

と言いました。

その時、ああ、彼は自分で分かってるんだ、と思ったのです。

この問題は、やはり彼がその「分かってる問題」に
真正面から向き合わないと、
そこからはどうにもならないと思っています。

就活も起業も同じで、
自分自身で本気の本気にならないと
本当の意味で道は開けないのだと思います。

心のどこかで、これくらいで大丈夫、といった感じで
何かに取り組んでないでしょうか。

自分も人のことなんて全く言えないのですが、
私の場合、結果が出てこない時は、自分自身のどこかで
本気の本気になってない気がします。

覚悟を決めて
本気の本気で取り組む

自分の道を切り開こうとしたら
ここに落ち着くのではないかと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ