緊張感のある気持ちのスイッチをオンにする

自分が主催しているイベントなどで、それをやり慣れて自分が緊張感を失ってしまうと、やり終わったあとにとても後悔してしまいます。
イベント中も何か「ノレて」いない自分の気づくことがあったりします。
こういう状態を防ぐためにも、そのイベントが始まる前に、「やるぞ!」と自分自身に気合いを入れて、気持ちを切り替えることを意識します。
自分自身で「えいやっ」という勢いをつけて切り替えるのですね。

面接でも、こういった切り替える気持ちを持つことは大切なのではないかと思います。
就活を始めたころは、緊張感が高いので自然と切り替わっていますが、たくさんの面接を受けて慣れてくると、普段の状態の気持ちのまま面接本番に突入してしまうこともあります。

面接をしている最中に、「あれ、なにか自分が盛り上がっていない」と気づいても、そこから切り替えるのはかなり難しいものです。

ですから、面接が始まる前に気持ちを切り替えることを意識してみてください。
これは、いろんな場面で使えると思いますよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ