自分の将来の展望を語る

面接をする時の企業側の考え方として、
「その応募者は将来を見据えているか」
というものがあります。

就活をしていると、とかく
「今、なんとか内定が取れればいい」
という思考が見え隠れする学生がいます。

しかし、そういう「今の問題」にばかり追われている人に対して
企業側が魅力を感じるでしょうか?

また、志望動機や自己PR、自分が経験したエピソードにも、
こうした「将来を見据えた考え方」が入っていると、
読み手に共感を得る事が多いものです。

また、自分自身についての将来のビジョンをしっかり持っているかどうか、
ということについても共感を得易いポイントになります。

「5年後、10年後に自分はどうなっていたいのか」

というビジョンがある人と、ない人では、
ビジョンがある人の方がより好評かになる確率が高くなります。

ちなみに、なかなか問題が解決できず、同じ問題を繰り返してしまう人は、
目の前の問題にばかり目が行き、その問題を俯瞰したり、
長期的にその問題に対応できていないことがよくあります。

私も本当の意味でこのことに気がついたのはつい最近ですが、
問題に対する捉え方や対処方法を考える時に、
その問題自体の周辺にしか目がいかないと、
根本的な問題解決にならないことが本当によくあります。

このようなことからも、
「将来を見据えているかどうか」
という視点で面接官がその応募者を見ることは、
意味があると感じているのです。

自分の自己PRやなどに、長期的な視点を入れる
というのも1つの大きなアピールになるかもしれませんね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ