落ちてからが本当の自分

↓記事がよかったら是非クリックしてくださいね。↓
にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
にほんブログ村

試験の結果不採用になり、気持ちが落ちる事もあると思います。
私もそれを25回繰り返したので、不採用通知を見た瞬間の、あの血の気が引く感覚を今でも思い出す事ができます。

不採用になって落ち込むな、という方が無理だと思いますので、結果が出た時は思いっきりガックリきても良いと思います。

それだけ真剣に試験に取り組んでいたということかもしれないですし。

ただ、1つ覚えておいて欲しいのは、悪い結果が出てからの自分こそが、自分という人間を発揮する時だということです。

辛い経験をして落ち込んだから、もう就活を頑張らない自分なのか、最初は落ち込んだけど、そこから這い上がる自分なのか…

どうせなら、最初は思いっきり落ち込んで、その後はこの経験を活かしていきませんか?

せっかくこれだけ辛い思いをしたのですから、後で「あの時は辛かったけど、それで自分は●●だと分かったんだよ」と笑顔で他の誰かに言えるように、この体験を利用できたらいいですよね。

今の「不採用になる」という体験は、かなり多くの学生が経験しています。

つまり、他の学生と共感できるものを持ったことにもなります。

同じように辛い思いをしても、それでもなお頑張っている学生がいます。

あなたもその1人になり、今後はこの辛い体験をどんどん乗り越える経験をして欲しいなと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ