まずは1社内定を取る

連続で不採用になっている人は、自分の実力を把握しきれず、難易度の高い企業ばかり受けている人がいます。

そういう人は、そのことを本人に告げると「自分はそういうことはない」と大抵答えます。

こういったことは、自分でなかなか自覚できない問題なのかもしれません。

こういう人に出会った時、私がオススメしているのは「まずは内定を1つ取りましょう」ということです。

レベルをぐっと落として、まずは1つ内定を取ってしまうのです。
そして、本当に入社したくなければ内定の報告が来た時に辞退をすれば良いのです。

おそらく、自分のレベルよりも高いところばかり受けている人は、これを実践したとしても内定を取れることはありません。

採用が取れない原因をそもそも履き違えているので、受ける企業のレベルをさげても受からないのです。

「自分で何か“物”を売る」ということを、私は起業する前にやってきました。

その時に分かったのは「最初の1個を売ることができれば、2個目、3個目は難しくない」ということです。

しかし、最初の1個が売れないのです。

最初の1個で、大きく勘違いをしているから売れないのですね。

これと同じことが就活にも言えるのです。

就活に対して間違った認識をしているから、レベルを下げても受からない。

この場合、「ちゃんとレベルを下げる」という行為を行えていれば、まだいい方で、大抵の場合は、その「レベルを下げて採用試験を受ける」ことすらしないで、泥沼にハマっていきます。

さんざん採用試験に落ちてからレベルをさげても、同じように動いている学生が多いので、その時にはもう競争が激しくなり、全く採用されない状況になっていたりするのです。

まずは1個売る

まずは1社内定を取る

こういった考え方ができるかどうか。
凄く重要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ