社会人と触れる機会が多い学生ほど、内定を取りやすい

就職活動を開始して、すぐに内定を取ってしまう人の特徴の1つに、「社会人慣れしている」というものがあります。

これは私がおそらく今1番実感していることだと思うのですが、本当に社会人と接する時間が多い学生というのは内定を取る確率も高いのです。

自分が学生の時を振り返ると、私はもともと社会人と接することが苦手で、できるだけ接しないようにしていました。

これは何も自分だけではなく、私の周りの友達もそうだったように思います。

ちょっと接する機会があっただけで、すぐに疲れて、また学生仲間のところに戻ってしまうのです。

こういう学生同士だけの世界というのは、本人たちにとっては居心地が良いのですが、自分自身の成長を妨げてしまうのです。

逆にバイトでもボランティアでも良いのですが、社会人と触れる機会を多く作れば作るほど、社会人の空気感というか、考え方のようなものが分かってくるのですね。

なので、今もし自分が学生に戻ったら何をやるのか?ということを考えると、まず間違いなく社会人と触れる機会を圧倒的に増やすと思います。

もう、ビジネス関係のセミナーとかにいきまくって勉強すると思います。

今もそうですが、ビジネス系のセミナーにたまに学生が混じっていることがあります。
そうすると、大抵その学生は社会人からかわいがってもらえます。

「今からもう勉強しているの?偉いねー。」

という感じで、良くしてもらえるのですね。

これがまさに若いということの特権なのだと思うのです。

ビジネス系の勉強は、始めるのが早ければ早いほど私は良いと思っているのですが、そのうちの1つが、この「周りからかわいがられる」という理由です。

これを読んでくれているあなたが、もしまだ就活を始める前の世代であれば、今からでも遅くないので、この「少しでも社会人と接する機会を増やす」ということをイメージして、実践してみてください。

悪いことは何1つないと断言します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ