志望動機の書き方と注意点

志望動機というのは、
「自分がなぜその企業を気に入り、入社したいと思ったのかを伝えること」
だと思っている人も多いかもしれません。

これは正しい部分もありますが、
これだけでは十分とはいえません。

この
「自分がなぜその企業を気に入り、入社したいと思ったのか」
というのは、その人自身の視点しかないので、
それをどんなに詳しく話したところで、
面接官はたいして興味が沸かないのです。

面接官が志望動機という質問を通じて
見分けようとしているのは、
「その応募者が本気でこの企業に入りたいと思っているのか」
というところです。

ですから、
短時間でちょちょっと作ったような志望動機か?
ということには非常に敏感です。

自己PRもそうですが、
志望動機もほぼ必ず質問するものなので、
かなりの数の志望動機を面接官は聞くため、
「聞き慣れている」という状態になっています。

このような相手に、
「こんな感じでいいか」
という感じで作られた志望動機を使ったところで、
結局すぐにバレてしまいます。

では、「こんな感じでいいか」と
思われない志望動機を作るには
どのようすれば良いのでしょうか。

もう既に気づいているかもしれませんが、それは、
「徹底的にその企業を調べて、志望動機を作成する」
ということです。

大抵の人はこの「企業を調べる」という部分で
すぐに妥協してしまいます。

ホームページをちょちょっと見るだけで、
適当な部分を拾い読みして言葉を抜き出す程度です。

しかし、そんなことは他の人もやるでしょう。

ですから逆にそれ以上、その企業のことを調べられれば、
他の人との差がつくことになります。

企業のことを調べようとして、あれこれと実行しようとすると、
相手企業に迷惑がかかるんじゃないか、
とすぐに言いたがる人も多いのですが、
やらなくても良い言い訳を言っている時間があるなら、
少しでも行動に移して、その企業の情報を得ていった方がいいです。

何をしたらいいか分からない、という人は
単純に本気で考えていないだけだと思います。
志望する企業を調べる為に、
今の自分ができることは一体何なのか。
自分にできることがすぐに打ち止めになることはないはずです。

孫氏の言葉に
「彼を知り己を知れば百戦して殆うからず」
というものがありますが、まさにそのままです。

企業を知りもせずに、その企業に気に入られる志望動機を作ろうとするのは単なる博打と一緒です。

内定がまだ取れない状況で、
尚且つ自分が使用している志望動機が、
今私が指摘したことに該当するのならば、
今すぐに「企業を徹底的に調べる」という行動を
実践してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ