やりたい事が明確にならなくても

↓ポチっと押してくれると、私のモチベーションが上がります。(^_^;↓
にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
にほんブログ村

「自分のやりたい事が見つからない」というのは、悪い事なのでしょうか?

確かにやりたい事が見つかっている方が、自分の動き方がより明確になると思います。

しかし、例えば今までそれをほとんど意識していなかったのに、就活をするために急に自己分析をして、「自分は何がやりたいのだろう…」と悩んでも、そんなにすぐに答えが出ないのが普通です。

今、「やりたい事をやろう!」という自己啓発系の本やビジネス書がありますが、そもそもそのやりたい事が簡単には見つからないのですね。

でも、そこで焦ってしまうのは違うと思うのです。

やりたい事を見つけようと思うのは良いと思いますが、それが見つからないことがイコール悪い事だとは決して思わないで欲しいのです。

私も独立して痛感しているのは、「焦り」というものは本当によい結果を生み出さないということです。

だから、やりたい事が見つからないことが、直接的に焦りに繋がっているのであれば、「ほとんどの人は、やりたい事が明確になんてなっていない」という事実をしっかり見て欲しいと思います。

私も37歳になって、まだやりたい事が明確化していないと思います。

でも、目の前の仕事にガンガン集中して、お客様と嬉しい気持ちを分かち合いたいという気持ちを持っています。

全て明確にならなくったって、できることはあるんですよね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ