自分のことは、自分と他人の両方の視点で見る。

↓ポチっと押してくれると、私のモチベーションが上がります。(^_^;↓
にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
にほんブログ村

自己分析をする上で、他の人からのフィードバックは欠かせません。
自分で行うだけの自己分析では非常に偏った内容になってしまいちです。

大抵の場合、自分が思っている自分と、他人から見る自分のイメージに隔たりがあります。
自分の事は自分が1番分かる、と思いがちですが、他人からみた自分の方が、よほど「世間には一般的な自分」だったりします。

つまり、面接官からも同じ様に「他人から見る自分」のイメージを抱える可能性が高いということです。

自分で考える自分と、他人から見る自分のギャップが激しい人ほど、もし不採用が続いた時に苦労する可能性があります。

ですから、他の人から「自分という人はどう見えているのか」ということをきちんとフィードバックしてもらい、その意見をまずはそのまま受け止めておく、ということをしてみて欲しいのです。

「他人から見る自分」の参考として意外に役立つのが、学生時代の通知表です。
小、中、高校と先生からのコメントには、結構的を射るコメントが書かれていたりするものです。
これは、自分がどんな仕事をするのか、ということ考える時にも参考になります。

こうした、人からのフィードバックを活用して、自分が見る自分と、他人から見る自分が、無意識に開きすぎないように気をつけてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ