「何を」ではなく、「なぜ」が人に共感をよぶ

↓記事がよかったら是非クリックしてくださいね。↓
にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
にほんブログ村

人に大きな影響を与え、「人を動かす」ことができる人がいます。

そのような人たちに共通する、「人に共感されて人を動かしていく要素」とは、どういったものなのかを説明している動画があります。

サイモン・シネック「優れたリーダーはどうやって行動を促すか」
http://www.ted.com/talks/lang/ja/simon_sinek_how_great_leaders_inspire_action.html

面接でも同じように、面接官に共感されて、採用したいと思ってもらうことを目的としている訳ですから、この動画で話されている内容はとても参考になるはずです。

アップルのスティーブジョブズを例にあげ、「何を作っているのか」という「何を」ではなく、「なぜ」それを作っているのか、なぜそれを作ったのかが、人の心をつかむカギであると動画では伝えています。

この動画を見てから、「なぜ」を根拠に自己PRを作ってみても、また違った観点から自己PRが作れると思いますよ。


ちなみに、この動画は現在就活をしている女子学生の方から教えて頂きました。
学生の方からこういった良い情報を教えてもらえるなんて、とても嬉しいです。
良い情報は、みんなでどんどん共有していきたいものですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ