質問よりも自己開示をする

↓記事がよかったら是非クリックしてくださいね。↓
にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
にほんブログ村

就活をしていく中で、就活生同志の繋がりを作っていくことは、コミュニケーション能力を上げることにも役立ちます。

就活という特別な環境を共有している者同士ですから、普段の生活よりは新しい友達を作り易い環境ともいえます。

では、実際にどうやって初めての人たちと繋がっていけば良いのでしょうか?

例えば、企業説明会などで偶然となりに座った人に対して声をかける、ということが考えられます。

みんな真剣な表情はしていますが、結構声をかけてもらえるのは嬉しいものです。

ちょっと声をかけて反応が悪ければそれで話は終われば良いだけです。
逆に反応が良い人であれば、積極的に話を続けましょう。

この時、相手への質問をどんどんするよりも、自分についての話をしていくと相手も興味を持ってくれやすくなります。

「自分のことばかり話すのはよくないのではないか」と思うかもしれませんが、こういった初対面の場面では、質問を多くするよりも、まずは自己開示をすることで、相手にも安心感を与えることができるのです。

自己開示をたくさんの人に行っていくうちに、どの人にも比較的反応が良いものと、悪いものが分かってくるので、段々と話が上達してきます。

このようにして、自己開示を上手く使って友達を増やしていきましょう。

就活で友達を作るための5つのtips
http://gaishishukatsu.com/archives/6968

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ