面接以外のところで印象を悪くしていないか?

↓記事がよかったら是非クリックしてくださいね。↓
にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
にほんブログ村

あなたが面接官だったとしたら、面接の場だけ一生懸命頑張る学生を採用しないですよね?

面接が終わったらその後の行動が雑になったり、面接前の日程のやり取りのところでいい加減な対応だったり…。

私が採用担当者であれば、面接前後の行動も必ずチェックしますが、それはそういう場面での行動の方が、よほどその人が表れるからです。

以前にこのことを話したところ、学生から「面接の最初から最後まで緊張しっぱなしじゃなきゃいけないのですか?」と質問されました。

最初から最後まで緊張感を持ってやるのは当たり前だと思います。

社会人同士の交渉ごとは、最初から最後まで緊張感を持って行います。
交渉の場では良い事を言っておきながら、終わった直後から信用を落としてしまったら全てが台無しです。

最初から最後まで緊張感を持って行うのは当たり前なのです。

また、先ほどの「いい加減な対応」というのは、丁寧な対応、丁寧な行動の逆のことです。

これは丁寧な対応、丁寧な行動じゃないな、と感じることは徹底的に避ける。

それが「いい加減な対応」をしないということに繋がると思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ